フェイスリフトで若々しい印象!印象を左右する顔のシワを消し去ろう

メスを使用しない方法

注射

負担が少なくなりました

ひと昔前のフェイスリフトの手術は皮膚を切って肌を引き上げる方法が主流でありとても大掛かりなものでした。このため、肌のたるみを改善させたくてもなかなか踏み切れない人が多くいました。しかしながら、近年ではメスを使用しないフェイスリフト方法が確立され選択肢が増加しました。主な方法としては糸を注入する方法や高周波治療やレーザー治療、ヒアルロン酸の注入などさまざまあります。こうした方法が確立されてきたため、フェイスリフトを行う際の患者側の体への負担や費用面の負担が少なくなってきました。従来のメスを使用する方法はダウンタイムが長く日常生活にも長期間影響が出るものでしたが、最近の方法では数日間のダウンタイムで完了するものも多いのが特徴です。

治療法の選択基準とは

最近のフェイスリフト方法はとてもたくさんの選択が可能になりました。このため、どの方法が一番よいのか迷ってしまう人も多いです。選択する基準としてはダウンタイムの期間や費用、フェイスリフトの効果の持続期間などが挙げられます。ダウンタイムと呼ばれる期間はどの施術にもあり、一時的に赤みや腫れ、出血などがあるものです。この期間が短いほど心へも体へも負担が少ない傾向です。また、施術にかかる費用は1回で完了するのか数回にわたって治療を受ける必要があるものなのかによっても違いがあります。また、肌のたるみを改善するフェイスリフトは永久的に持続するものではないため、どのくらいの期間持続できるかも選択の基準になります。